2007年03月21日

大好きアンパンマン!

今日は俺の子“はーちゃん”の大好きなアンパンマンの紹介です。

アンパンマン
物語の主人公。ジャムおじさんが作ったあんパンのたねに、空から降ってきたとても綺麗な命の星が落ち、命が宿って誕生した「正義の味方」。体の構造がどのようになっているのかは不明であり、服を脱ぐと透明、ロボット等、諸説あるが、いずれも根拠はない。ただし「アンパンマンはパンの妖精なので、体が何でできているのかはわからない」という「設定」は存在する。マントを着用することで、空を飛行できる。飛行に制限は無く、宇宙まで飛んでいったこともある。頭部は粒あんパン(※作者のやなせたかしがこしあんより粒あんを好むこと、粒あんの形状を脳みそに見立てて、の理由が挙げられる)で出来ており、食べることが可能で、お腹の空いた人に与えられる。その味は口にした誰もが「おいしい」と声を揃えるほどの美味。頭部全てを与える事も可能で、絵本では食べ尽くされて首無し状態のアンパンマンが描かれた事もあるが、アニメ版では与えるのは一部に留まる。頭部が水に濡れたり(濡れても大丈夫だったこともある)、汚れたり、カビが生えたり、歪んだり(変形したり)、凍ったり、あまりの熱にふやけたり、お腹が空いた人に一部を与えてしまったりなど、何らかの異常をきたした場合には力が出なくなる(力をなくしたときは「顔が濡れて力が出ない〜」「顔が汚れて力が出ない〜」「顔が歪んで力が出ない〜」などの台詞が出る。「出ない〜」の部分は省略されることもある)。雨が降っているときは、顔が濡れないように防水具を被っている。(ドキンちゃんにはずされてしまうケースも多い。)鼻の取り外しは可能だが、その場合も力は半減する。が、ジャムおじさんによって作られる新しい顔と交換することで元気100倍になり、再び活力が湧く。弾き飛ばされた古い顔は自然消滅する。あんこの代わりにカレー・クリーム・栗餡を使ったり、パンの代わりにお饅頭、金太郎飴やパイ、メレンゲ、もなか、中華まん、餅、素麺を使ったこともあるが、それでも本来の「元気100倍」にはやはり及ばなかった(元気と勇気が3倍しか出ない。「元気百倍」ではなく「元気いっぱい」という表現もあった)。ただし蒸しアンパンのときは例外で、従来の技に加え熱気で相手を攻撃することが出来る。またそのあんこ自体が「勇気の花のジュース」が混ぜられている特別製であり、これが入っていないと本来の力は全く出ない。得意技はアンパンチとアンキックであり、アンパンチはばいきんまんへの最後のとどめに、アンキックは障害物の破壊、あるいはばいきんまんがストーリーに2度登場するときに、最初に倒す際に使うことが多い。なお、蒸しアンパンマン状態のアンパンチは「蒸しアンパンチ」になる。また、汚れないように蜜飴で顔をコーティングした『水飴アンパンマン』が登場した。普段は町のパトロールをしながら、前途で述べた空腹の人に顔のあんパンをあげたり、困っている人を助ける活動をしている。また仲間のしょくぱんまんやカレーパンマンらと共にパトロール活動をすることもある。性格は誰にでも優しくお人よし。ただしばいきんまんのような悪人には厳しい。この世界に住んでいる人みんなが好きで、ばいきんまんの事も本当は仲良くしたいと思っている。みんなを守るためにピンチになっても戦う根性もある。恋愛は正義の味方であるためかみんなが好きなためか、特定の人物だけが好きというわけではない。ただ映画に出てくるキララ姫を気にしている様子はあるが、結局はみんなが好きということになっている。寝るときはパジャマに着替え、帽子をかぶってベッドで寝る。ちなみにアンパンマンは顔を付け替える前にばいきんまんに弾かれ、顔を探して自分で付け替えたことがあるらしい。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.82.A2.E3.83.B3.E3.83.91.E3.83.B3.E3.83.9E.E3.83.B3.E3.81.A8.E4.BB.B2.E9.96.93.E3.81.9F.E3.81.A1

今日はアンパンマン動画をどうぞ

ラベル:アニメ
posted by ひろ at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。